タグ "マスターデータ管理"

データ4.0:マスターデータ管理による新しい360度ビュー

私たちは過去10年間、データ活用において指数的な変化を伴う道を歩んできました。まずData 1.0の時代では、特定のビジネスアプリケーションを駆動するためにデータを活用し、それらのアプリケーションがマスターデータを管理し... more

リファレンスデータ管理:考慮すべき3つの主な利点

組織は、収益増加、コスト削減、生産性向上について常に模索しています。そして、企業全体のビジネスデータを一貫して提供するために、多くの企業がマスターデータ管理(MDM)を使用してデータ管理を整流化しています。 MDMは、異... more

マスターデータ管理の標準化という「古くて新しい」ガバナンスを成功させる8つのベストプラクティス

マスターデータを統制する難しさ マスターデータは、ビジネスや組織の運営の中核となるデータドメインであり、取引先や見込み客、製品などのデータは、複数の経路(ソース)から流入し、異なる部門や地域にわたって、非常に多くの人々に... more

MDM(マスターデータマネジメント)のメリットと活用方法とは

ビジネスの拡大、買収等により企業の規模が大きくなるにつれて、企業の貴重なデータ資産を各種システムに分散して管理されるケースが多くみられます。各業務を効率化するため、個別最適化した業務システムが乱立する、いわゆる“システム... more

マスターデータ管理の真義を問う。デジタルトランスフォーメーションのために今、着手すべきことは?

より良いサービスを、すばやく、便利に、低コストで利用したい! このように顧客の期待とニーズが日々高まる昨今、企業もこの期待に応える「変化」が求められています。そして、このニーズを実現する答えは「データ」にあります。 &n... more

年末の買い物商戦に向けて、変化する顧客の購買行動にどう対応する?

全米小売業協会によると、アメリカにおける今年のクリスマス休暇の買い物シーズン中の売上は、例年より4.1%増加するものの(注1)、11月の第4木曜日のサンクスギビング(感謝祭)に営業しない実店舗の数はさらに多くなる(注2)... more

【パートナーブログ:B-EN-G】MDM推進に立ちはだかる5つの壁~その5 目的設定~

こんにちは。インフォマティカ・ジャパン編集部です。パートナーブログシリーズ、続いては東洋ビジネスエンジニアリング株式会社様からです。 今回はMDM導入で直面する5つの壁のうち、特に肝になる「目的設定の壁」について寄稿頂き... more

データの品質向上に向けた効率的な管理方法とは

  データの品質劣化をそのままにしてしまうリスク データの品質向上は多くの企業が抱える課題です。2017年9月のハーバード・ビジネス・レビュー調査によると、新しく作成されたデータレコードの平均47%に少なくとも... more

金融業界に求められるマスターデータ管理

今日の銀行ビジネスでは、高い金利の提供やポイント等の還元率だけで新規顧客の獲得を目指すことは難しくなっています。その代わりに、安全性を担保しつつ利便性の高い取引手法を顧客へ提供することで競争力を強めています。 この『利便... more