タグ "マスターデータ管理"

最高データ責任者(CDO): データ活用の拡大の機会

以前のブログ記事では、インフォマティカが委託したIDCの調査「最高データ責任者(Chief Data Officer:CDO)の現状」に基づき、金融サービス業界で活躍するCDOの優先事項と課題について書きました。このブロ... more

最高データ責任者(CDO):金融サービスの視点から

前回の私のブログでは、インフォマティカがIDCに委託したCDO(最高データ責任者)の状況調査[1]にて分類した、データリーダーシップの4つの役割について、それぞれの課題と機会について書きました。今回のブログでは金融サービ... more

最高データ責任者(CDO): 課題と機会

最高データ責任者(CDO):1つの職務に4つの役割のブログでは、インフォマティカから委託されたIDCの最高データ責任者(CDO)調査で特定されたデータリーダーシップの4つのアーキタイプについて記しました。今回のブログでは... more

金融サービス全体のデータガバナンスとリスク管理に対する新型コロナウィルスの影響

金融市場全体での信用、市場、流動性、運用のリスク管理や監視は、進行中の地政学的緊張、国際貿易戦争、そして時折発生するハリケーンや地震など、非常に困難です。現在のパンデミック(感染爆発)により、チーフリスクオフィサーとその... more

Business 360でデジタルトランスフォーメーションを実現するコンテキストを提供

デジタルトランスフォーメーションは、戦略的な企業イニシアチブを担う存在です。COVID-19の急速な拡大も相まって、ほとんど業界での業務はデジタルにほぼ(もしくはすべて)頼っている状態です。そのため、デジタルトランスフォ... more

データ4.0:マスターデータ管理による新しい360度ビュー

私たちは過去10年間、データ活用において指数的な変化を伴う道を歩んできました。まずData 1.0の時代では、特定のビジネスアプリケーションを駆動するためにデータを活用し、それらのアプリケーションがマスターデータを管理し... more

リファレンスデータ管理:考慮すべき3つの主な利点

組織は、収益増加、コスト削減、生産性向上について常に模索しています。そして、企業全体のビジネスデータを一貫して提供するために、多くの企業がマスターデータ管理(MDM)を使用してデータ管理を整流化しています。 MDMは、異... more

マスターデータ管理の標準化という「古くて新しい」ガバナンスを成功させる8つのベストプラクティス

マスターデータを統制する難しさ マスターデータは、ビジネスや組織の運営の中核となるデータドメインであり、取引先や見込み客、製品などのデータは、複数の経路(ソース)から流入し、異なる部門や地域にわたって、非常に多くの人々に... more

MDM(マスターデータマネジメント)のメリットと活用方法とは

ビジネスの拡大、買収等により企業の規模が大きくなるにつれて、企業の貴重なデータ資産を各種システムに分散して管理されるケースが多くみられます。各業務を効率化するため、個別最適化した業務システムが乱立する、いわゆる“システム... more

マスターデータ管理の真義を問う。デジタルトランスフォーメーションのために今、着手すべきことは?

より良いサービスを、すばやく、便利に、低コストで利用したい! このように顧客の期待とニーズが日々高まる昨今、企業もこの期待に応える「変化」が求められています。そして、このニーズを実現する答えは「データ」にあります。 &n... more