トピック "マスターデータ管理"

転ばぬ先のプロファイリング

システム間でデータのやり取りをしたり、新システムを作るときに旧システムから新システムにデータを渡したり、とITプロジェクトの中でデータ連携をする機会は多々あると思います。 その時に、「いざデータ連携しようとするとうまくデ... more

購買管理とサプライヤー管理で大幅なコスト削減を実現する5つの戦略

信頼できるサプライヤーデータを活用することが、年間600万ドルものコスト削減につながることをご存じですか?* SCM(サプライチェーンマネージメント)と購買管理の世界では、効率化、コスト削減そしてデータ分析への投資が最優... more

MDMの本質とその効能とは?

ここ数年、マスターデータマネジメント(以下MDM)に関する検討・導入の数が飛躍的に増えています。業界も製造・流通/サービス・金融など幅広く、対象マスターも商品(製品)、顧客、仕入先、組織、従業員など複数ドメインにわたりま... more

何億円も利益に差が出るサプライヤマスターデータ管理

インフォマティカ・ジャパン編集部です。今回は、サプライヤマスターデータ管理について紹介します。正確性、一貫性、関連性のないデータ管理・運用によって、何億円も利益に差が出ることがあります。その実例と根本的な原因からご紹介い... more

経営幹部も納得の顧客データ管理を実現する方法〜トータルカスタマーリレーションシップビューの真価を証明するビジネスケースの作成ガイド〜

インフォマティカ編集部です。 今回は経営幹部に効く効果的な顧客データ管理イニシアティブの進め方についてご紹介いたします。 優れたカスタマーエクスペリエンスを提供するために、そのイニシアチブを適切に行うことは非常に重要です... more

今後10年間にわたってデータ統合を推進する5つの要素

データ統合は2015年以降飛躍的に進化しています。それは一体なぜなのか?“データ統合”という概念は20年前に初めて登場しましたが、昨今のデータ統合の急速な拡大を推進している要素について考察してみたいと思います。 この考察... more

インフォマティカとB-EN-G、コニカミノルタ株式会社にマスターデータ管理ソリューション「Informatica MDM」を導入

インフォマティカ・ジャパン編集部です。 インフォマティカと東洋ビジネスエンジニアリング株式会社(以下、B-EN-G)は、大手情報機器メーカーであるコニカミノルタ株式会社(以下、コニカミノルタ)に、インフォマティカのマスタ... more