トピック "マスターデータ管理"

5つのデータに起因するサプライチェーンの課題とその解決方法

サプライチェーンのリーダーたちは、不安定な市場動向や急速に変化する顧客の需要、およびサプライチェーンの混乱に対して新たに生まれたリスクによって、近年すでに試練を受けていました。そのような状況の中、世界的なパンデミックの新... more

【パートナーブログ:BENG】DX成功のカギはデータ活用基盤の整備にあり!

昨今、企業の基幹システムの刷新・新規システムの導入プロジェクトにおいて「DX(Digital Transformation)」というキーワードを必ずと言っていいほど目にします。 DXの定義は色々ありますが「企業がデータや... more

Business 360でデジタルトランスフォーメーションを実現するコンテキストを提供

デジタルトランスフォーメーションは、戦略的な企業イニシアチブを担う存在です。COVID-19の急速な拡大も相まって、ほとんど業界での業務はデジタルにほぼ(もしくはすべて)頼っている状態です。そのため、デジタルトランスフォ... more

データ4.0:マスターデータ管理による新しい360度ビュー

私たちは過去10年間、データ活用において指数的な変化を伴う道を歩んできました。まずData 1.0の時代では、特定のビジネスアプリケーションを駆動するためにデータを活用し、それらのアプリケーションがマスターデータを管理し... more

リファレンスデータ管理:考慮すべき3つの主な利点

組織は、収益増加、コスト削減、生産性向上について常に模索しています。そして、企業全体のビジネスデータを一貫して提供するために、多くの企業がマスターデータ管理(MDM)を使用してデータ管理を整流化しています。 MDMは、異... more

データプレパレーションを自ら行い、データサイエンスを習得する

データプレパレーションは、現代のAIや機械学習に欠かせない存在です。大まかに言えば、データプレパレーションとは分析前のデータをクレンジングして変換することを指します。これがいかに重要であるか理解を深めるために、ボードゲー... more

マスターデータ管理の標準化という「古くて新しい」ガバナンスを成功させる8つのベストプラクティス

マスターデータを統制する難しさ マスターデータは、ビジネスや組織の運営の中核となるデータドメインであり、取引先や見込み客、製品などのデータは、複数の経路(ソース)から流入し、異なる部門や地域にわたって、非常に多くの人々に... more

顧客の360度ビューを銀行の頭脳に変える

最近のForbesの調べによると、全体のうち46%の銀行が、顧客へ適切な商品やサービス提案をする際に、顧客データを十分に活用できていないとの結果が出ています。また、ローンなどの利益の大きい商品のクロスセルの成功確率は 5... more

MDM(マスターデータマネジメント)のメリットと活用方法とは

ビジネスの拡大、買収等により企業の規模が大きくなるにつれて、企業の貴重なデータ資産を各種システムに分散して管理されるケースが多くみられます。各業務を効率化するため、個別最適化した業務システムが乱立する、いわゆる“システム... more