トピック "ビッグデータ"

セルフサービスのデータ活用を阻害するデータ準備~AI搭載のデータプレパレーションができること~

エンタープライズ規模のデータ準備への需要が高まる背景 データドリブンな意思決定が競争優位につながると考える昨今の組織は、データの持つ潜在的な価値に大きな期待を寄せています。一方で、多様なデータが急激に増加する中、データの... more

「インテリジェントなデータディスラプター」9社の成功事例

2021年になって早くも一か月が経ちました!今回は、2020年にデータドリブンにおいて大きな成果を達成したインフォマティカのお客様「Intelligent Data Disruptors」 についてご紹介したいと思います... more

医療機関のクラウドデータレイク構築までの4ステップ

「正しく実装されていないデータレイクは沼地化するリスクがある」という訓戒は、誰もが耳にしたことがあるでしょう。データレイクにあるのは、信頼できない膨大な量のデータだけで、データの価値や洞察は限られているかあるいは全くない... more

iPhone革命が教えてくれたこと~クラウドデータ管理における統合と自動化の重要性

「iPod、電話、ネット通信機器… 。iPod、電話…。お分かりですよね?これらは3つの別々のデバイスではなく、ひとつなのです…そして、その名は『iPhone』です。」 これは、200... more

Informatica Enterprise Data Preparationで「2:8の法則」を逆転!

昨今の「データファースト」の世界において、企業の成功はデータを利用してビジネスの意思決定をする一人ひとりが握っていると言っても過言ではありません。企業内で蓄積されたデータから実行可能なインサイトや解決策を見つけるためには... more

クラウドデータウェアハウスの質を左右するクラウドデータ管理の重要な役割

IDCの調査によると、企業の抱えるデータ量は、2025年までに現在の100倍の1.4ZB(ゼタバイト)にまで増えると予測しています。かつてないスピードで増え続ける大量のデータに対処することは、多くの企業にとって課題である... more

Snowflake on AWS東京リージョンをデータカタログで可視化してみた

クラウド対応データウェアハウスのユニコーン企業 Snowflakeにより、AWSのTokyo Regionでの製品サービス提供が始まりましたので、さっそくインフォマティカのAI搭載データカタログ(Enterprise D... more

ビッグデータ分析による、新しい価値創出に必要なコト

近年、様々な業界で新しい価値創出を目的としたデータ分析のニーズが高まっています。 一方、分析対象となるデータは構造化データや非構造化データといった様々な種類・形式が含まれており、かつ、それらデータは日々膨大に生成・蓄積さ... more

ビッグデータ活用における課題 ~ セルフサービスと IT部門の橋渡し: セルフサービスの先にあるもの ~

ビッグデータという用語が注目されるようになってかなり経ちましたが、現在では多くの企業で IoT やソーシャルデータ、また以前までは分析の対象としきれなかった大量のデータを利用してビジネス上の価値をもたらす新しい知見を求め... more

データマートで部門ニーズに応え続けることは正解なのか?

データマートとデータウェアハウスの違い データマートとは、特定の部門ユーザーの集計・分析ニーズに合わせて、あらかじめ用意されたデータセットのことです。データウェアハウスと比較して説明されることが多いのですが、データウェア... more