トピック "ソリューション"

セルフサービスのデータ活用を阻害するデータ準備~AI搭載のデータプレパレーションができること~

エンタープライズ規模のデータ準備への需要が高まる背景 データドリブンな意思決定が競争優位につながると考える昨今の組織は、データの持つ潜在的な価値に大きな期待を寄せています。一方で、多様なデータが急激に増加する中、データの... more

シームレスなデータ交換でよりよいカスタマーエクスペリエンスを提供する方法

業界の規模に関わらず、多くの組織がモバイルデバイスやコールセンター経由で顧客との接点を持っています。そして、スムーズなカスタマーエクスペリエンスを提供することで、顧客数、満足度、定着率のアップへとつなげようと励んでいます... more

ETLとELTの違いとは?インフォマティカでSnowflakeのパワーを引き出す

ELTの重要性 多くの組織が、データウェアハウスをモダナイズ(近代化)するための第一歩として、データウェアハウスをクラウドに移行しています。その理由の一つとして、従来のデータウェアハウジングでは、急速に増大するデータ量、... more

「3つの力」でカスタマーインサイトを加速する方法

カスタマーインサイトは、ビジネスで効果的なカスタマーエクスペリエンスを構築する基盤となるものです。顧客インサイトに注力することで、データを分析して顧客をより理解し、情報に基づいて、いつ、何を、どのように販売するかという判... more

クラウドMDM-成功への段階的アプローチ

理想的なマスターデータ管理(MDM)とは、信頼性の高いデータが一元化された状態を整えることです。このようなデータセットがあれば、組織内におけるすべてのシステムや情報が結びつけられ、カスタマーエクスペリエンス、デジタルコマ... more

CDOが重視すべきデータマーケットプレイスの4つのメリット

現代の企業にとって、データは生命線であることに異を唱える人はいないでしょう。「データは現代の石油である」という表現を2017年に初めて使用したEconomist誌は、この表現をさらにアップデートし、データは現代の光である... more

「信頼できるデータ基盤」にフォーカスしたイノベーション~データマーケットプレイスとクラウド移行を加速する~

信頼できるデータを提供するという難題 データの利用を組織全体に民主化するというのは、大嵐に見舞われるような大仕事です。アプリケーションを最新化してクラウドサービスの導入を加速し、クラウドデータウェアハウスやデータレイクを... more

データセキュリティとデータプライバシーの違いとは

データプライバシーについて考えるとき、次のような疑問を持つかもしれません。 「データセキュリティとデータプライバシーは同じものではないのか?」 「データプライバシーとデータセキュリティはどのように違うだろうか?」 ネット... more