トピック "データガバナンス"

CDOが重視すべきデータマーケットプレイスの4つのメリット

現代の企業にとって、データは生命線であることに異を唱える人はいないでしょう。「データは現代の石油である」という表現を2017年に初めて使用したEconomist誌は、この表現をさらにアップデートし、データは現代の光である... more

AmazonS3向けのGoverned Data Lake Management Solutionでビジネスインサイトを推進させる

パンデミックの影響により、多くの企業が既存のビジネスのやり方を変化させました。リスクを管理し、コンプライアンス要件を順守しながら、内部の利用者に迅速かつ適切なタイミングでデータを提供するようCDO(最高デジタル責任者)へ... more

データカタログでデータガバナンスの取り組みを加速!バージニア州の保険会社Genworth Financial

包括的な企業全体のデータガバナンスおよびコンプライアンス戦略の実装は、あらゆる規模の企業、特に規制対象の業界の企業にとって最優先事項です。データガバナンスの専門家、コンプライアンス責任者、または最高データ責任者に尋ねると... more

金融業界における2021年のデータマネジメント予測

新年を迎え、銀行、証券会社、生命保険会社、損害保険会社は心機一転、新たな熱意をもって参入の準備をしており、金融業界全体に新たな課題と機会がもたらされます。 この先に何が待ち受けているのか、それを明らかにするために2021... more

データの民主化による組織強化と価値の創出

今日、多くの企業が膨大な価値の高いデータに囲まれています。データを適切に活用すれば、新たな収益を生み出すことができます。顧客ロイヤルティプログラムの改善、一般利用者や組織の行動を理解するためのアナリティクスの適用、インサ... more

データガバナンスとデータ管理の違いとは?

データガバナンスとデータ管理の違いについてよく聞かれることがありますが、その答えは「違いはあるものの相互に関連している」になります。データガバナンスとは、データ(収集、保管、利用、保護、アーカイブ、削除)を取り巻く一連の... more

最高データ責任者(CDO): データ活用の拡大の機会

以前のブログ記事では、インフォマティカが委託したIDCの調査「最高データ責任者(Chief Data Officer:CDO)の現状」に基づき、金融サービス業界で活躍するCDOの優先事項と課題について書きました。このブロ... more

最高データ責任者(CDO):金融サービスの視点から

前回の私のブログでは、インフォマティカがIDCに委託したCDO(最高データ責任者)の状況調査[1]にて分類した、データリーダーシップの4つの役割について、それぞれの課題と機会について書きました。今回のブログでは金融サービ... more

ヘルスケアにおける効果的にデータガバナンスを実現する3つのポイント

「データ」と「ガバナンス」。文字にすると短い2つの単語ですが、この言葉の裏には深い歴史と痛みが込められています。 医療機関における「データガバナンス」は、これまで多くの課題を抱えていました。医療データや文書化が不十分で、... more

成功事例から学ぶDX時代のデータガバナンス!

データの「活用」、「管理」、「保護」 三位一体のデータガバナンス  デジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みの拡大に伴い、ビジネスにおけるデータの価値は急速に増大しています。この取り組みを成功させるために、今... more