マスターデータマネジメント (MDM)の基本、その2

こちらのブログは、2回構成シリーズの2回目です。1回目はこちら

「マスターデータマネジメント (MDM)とは?」

2021年の初めにBack to Basics(基本に立ち返る)ウェビナーシリーズを立ち上げた際、私たちはこの問いに答えることを目指していました。

業界アナリストと「唯一真実のバージョン」を求めるクライアントとの話し合いでは、この「マスターデータマネジメントとは?」という問いが常に存在しているのです。

私たちは全10回のハイレベルなウェビナーを通じてデータの習得に関する10の質問に答え、Master Data Management 101を作成します。

1.マスターデータマネジメントツールは何をするものなのか?

2.参考データとマスターデータの違いは?

3.なぜ顧客データを習得する必要があるのか?

4.MDMは顧客データプラットフォーム(CDP)をどのように補完するのか?

5.マスターデータマネジメントのトレンドは?

6.ソリューションを実装する際のMDMのベストプラクティスとは?

7.マスターデータガバナンスとは?

8.サプライヤーデータマネジメントの課題は?

9.なぜ商品情報マネジメントが必要なのか?

10.クラウドMDMを検討する際のポイントは?

この投稿では、後半の5つの質問に関するディスカッションで得られたハイライトをご紹介します(前半の5つの質問のハイライトはこちらでご覧いただけます)。


第6回:ソリューションを実装する際のMDMのベストプラクティスとは?

マスターデータマネジメントに初めて取り掛かる際、多くの企業は、何を優先すべきか、どのようにビジネス価値を提供すべきか、悩むことがあります。多くの場合、失敗の原因として挙げられるのはソリューションの複雑さです。

しかし、マスターデータマネジメントを成功させるためには、選択したテクノロジーとは無関係な多くの要素を考慮する必要があります。

一貫性、品質、パフォーマンスに関して、技術的およびビジネス的な設計のトレードオフが存在するのです。また、現段階の知識に合わせた設計を行うとともに、変化するビジネス環境に応じて成功基準を進化させることで業務要件の変化に対応できるようなソリューションを構築していくことが求められます。

このベストプラクティスのウェビナーでは、インフォマティカのアドバンスド・カスタマー・エンジニアリングチームの責任者であるロン・マツソフ(Ron Matusof)が、ビジネス要件を満たすマスターデータソリューションの構造化プロセスを提供する際に有効な方法についてご説明します。


第7回:マスターデータガバナンスとは?

まずデータガバナンスがあり、その次にマスターデータガバナンスが存在します。データガバナンスは、すべての人を関与させ、データとビジネスを結び付け、成果を上げる役割を担うものです。データガバナンスを通して、データが何であるか、どのように使用されるべきかを誰もが知っている状態を作り上げ、組織全体の一貫性をサポートします。

例えば「顧客とは何か」といった定義について、組織内で共通の認識を持つことは簡単であるとは言えません。なぜなら、顧客に関する考え方は部署によって異なる可能性もあるためです。

こういった単純な定義でも、多くのMDM実装の速度を低下させる原因となりうるのです。MDMを実現するためには、マスターデータを理解し、それがどこにあり、どのように定義やポリシーに適合しているかを明確にすることが重要です。

マスターデータガバナンスプログラムが成功すると、組織はマスターデータの定義、発見、コラボレーション、保護、信頼性を容易に実現し、ビジネス価値を高めることができるようになります。

このウェビナーでは、シニア・プリンシパル・MDMアーキテクトのニック・ドビンス(Nick Dobbins)とともに、マスターデータガバナンスに関する8つの柱を確認し、ステップアップを目指します。


第8回:サプライヤーデータマネジメントの課題は?

2020年以前までは、透明で弾力性のあるサプライチェーンの価値をあまり実感していなくても、最近になってその重要性を実感するようになった方は多いはずです。

例えば、2011年の東日本大震災が引き起こした津波の被害によって自動車産業が停滞したように、過去にもサプライチェーンが孤立した問題はありました。あるフランスの自動車メーカーでは、エンジン部品が1つも手に入らず、組立ライン全体がストップしてしまいました。

最近では、ここ2年間でのグローバルサプライチェーンネットワークへの影響、ジャストインタイムの在庫レベル、消費者の需要の変化がサプライチェーンの混乱に影響を与え続けており、自社のサプライチェーンをこれまで以上に理解することが重要になってきています。

そのために必要なのが、サプライヤーデータを把握することです。サプライチェーンを最適化するための3つのステップとして、サプライチェーン上の問題点を理解すること、問題点によって生じるコストを定量化すること、データを一元管理しサプライヤーの可視性を向上させることが挙げられます。

顧客データマネジメントに関するこのウェビナーでは、MDMの専門家であるコートニー・ランバート(Courtney Lambert)が、サプライヤーデータを習得することの重要性についてご説明します。


第9回:なぜ商品情報マネジメントが必要なのか?

オンラインショッピングの利用者として、私は製品情報マネジメント(PIM)を高く評価するようになりました。

製品情報マネジメントによって適切な製品の選択ができるようになり、返品や、オンラインショッピングに関するその他の面倒なハードルを避けることができるようになります。そして、そう感じているのは私だけではないはずです。

新型コロナウイルスの影響下で、すべての販売チャネルにおいて製品体験の重要性がさらに高まっています。優れた商品情報は、買い物客が欲しい商品を見つけるのに役立ち、それを販売する企業への信頼を築きます。PIMソリューションは、工場の組み立てラインによく似ていますが、製品データのためのものです。

サプライヤーが原材料を工場へ提供し、工場がそれを精製して完成品として販売するように、製品コンテンツも同様のプロセスを経ます。PIMは、中核的なリポジトリを作成するだけでなく、完璧な製品をより早く手に入れるための効率的なプロセスを作成する必要があるのです。

このウェビナーでは、製品情報管理の専門家であるジェレミー・デ・フレイタス(Jeremy De Freitas)が、Product Information Management 101を確認しながら、PIM自体の説明やニーズに合わせた最適なソリューションの選び方など、をご説明します。PIMに関する嬉しいサプライズ情報もありますので、お楽しみに。


第10回:クラウドMDMを検討する際のポイントは?

MDMは、ますます多くの企業がデータに依存して新たなビジネスチャンスを模索し、唯一もしくは最善な真実のバージョンを作成しようとする中で、重要なトピックとなっています。

多くの企業がデータマネジメントのニーズに対応するマイクロサービスベースもしくはホスト型ソリューションのシンプルさに着目しているなかで、クラウドMDMの導入が重要視されるようになりつつあります。

しかし、アイスクリームに様々なフレーバーがあるように、すべてのクラウドもそれぞれ異なります。自社の求めるものを見極めて、ビジネスの準備ができているかどうかを判断し、さまざまなクラウドアーキテクチャの利点と欠点を評価する必要があるのです。

特に重要なのは、俊敏性、データアクセスとセキュリティ、コストパフォーマンスの間のトレードオフです。また、移行と最新化のどちらが良いのかを判断する必要もあります。

このウェビナーシリーズの第10回では、ロン・マツソフ(Ron Matusof)とともに、アプリケーションとワークロードをクラウドに移行する際の主な検討事項を紹介します。

アイスクリームを使って人気のある3種類のクラウドを表現し、クラウド上でMDMを実装する前に、準備の観点から確認すべきことについてご説明します。

ここまでのトピックについてもっと知りたい、探求したいという方は、ぜひこちらで第6回~第10回のウェビナーにご登録ください。第1回~第5回に登録するには、こちらをクリックしてください。

2022年の幕開けを楽しみにしています。これらのウェビナーをお楽しみいただくとともに、同僚の方にもぜひご紹介いただけますと幸いです。



本ブログは2021年12月21日のMONICA MULLENによるThe Basics of Master Data Management (MDM), Part 2の翻訳です。