7つの企業を大胆な改革へと導いたクラウドデータマネジメントの活用法

昨今、革新的な企業がデータマネジメントにおいてもリードしているのは偶然ではありません。

ほとんどの企業がデータやAIへの投資を行っていますが、その中で目指していた変革を実現できているのは、ほんの一部に過ぎないのです。

多くのチームがつまずくポイントはどこなのでしょうか?簡単に言えば「実行」、つまり適切なデータマネジメントの技術を社内全体に運用するプロセスです。

適切なカタログ化、ガバナンス、クラウド対応の統合ができなければ、他の革新的なプログラムを推進するために必要となる、信頼できるデータ基盤が不足することになります。


データマネジメントにおける2021年のトレンドと課題

毎年、Informatica Customer Innovation Awardsでは、インテリジェントな革新を実現し、信頼できるデータを利用した業務効率の向上、顧客の獲得と維持、そしてトップレベルの利益成長を実現した企業を表彰しています。

受賞企業は、ヘルスケア、通信、デジタルメディア、金融サービスなどさまざまな業界にわたっています。そして、2021年の受賞企業をみてみると、いくつかの共通する部分ががあることがわかります。


1.データ主導の文化を構築:ビジネスユーザーがデータ品質に関するタスクを手作業で行う場合、分析時間の3分の1を費やしていると言われます。最高データ責任者はデータガバナンスとセルフサービス分析を優先的に行うことで、そういったビジネスユーザーの採用を促進し、信頼関係を再構築しています。


2.顧客中心主義の改善:B2B、B2C、モバイルファースト、そして最近新たに登場したカーブサイドなど、ビジネスの形態に関係なく、進化する買い手との取り組みに対応する唯一の方法は、顧客データを一元化することです。これにより、すべてのチャネルでシームレスかつパーソナライズされたエクスペリエンスを提供することができます。


3.クラウドの近代化の加速:10社あれば、そのうちの9社がカスタマーエクスペリエンスを中心に競争しているのが現状です。そのような中で、業界のリーダーたちはデータやアプリケーションをクラウドに移行し、新規顧客のオンボーディングから支払い処理、顧客が次に何を望んでいるかを予測するAIモデルの構築といった業務を高速化しています。


2021年の受賞企業がこれらの原則をどのように実践しているのか、詳しく見ていきましょう。


より大きく、より良く、より速く:勝利を約束する7つのデータマネジメント戦略

新型コロナウイルスの脅威や、世界的なサプライチェーンの混乱など、この1年は絶えず適応力を試される期間でした。2021年の受賞企業は、AIを活用したデータマネジメントを使用して、混乱している状況、さらには歴史的に前例のない状況でも、迅速な学習、ピボットを行い、明瞭さを維持しています。

これらの企業がどのように革新的な業務成果をもたらしたのか、詳しくはこちらをご覧ください。


よりスマートなデータマネジメントで競争力を高める

データ戦略を見直そうと思った場合は、ぜひebookで2021年のInformatica Customer Innovation Awardsの全貌をご確認ください。また、カスタマーストーリーポータルでは、皆様の組織と類似する企業のケーススタディをご覧いただけます。

インフォマティカは、お客様が成功に向けて変革するお手伝いを行います。


本ブログは2021年11月10日のMATTHEW KINGによるHow 7 Leading Brands Innovate Fearlessly with Cloud Data Managementの翻訳です。