Intelligent Data Management Cloudでカスタマーファーストを実現へ

カスタマーファーストとは新しい考え方である一方で、とても理にかなっています。例えば、店で買い物をするときを想像してみてください。店員はあなたの名前を知っているかもしれませんし、購買履歴をすでに知っているかもしれません。そして、それらの情報を元におすすめの商品を提供してくれるかもしれません。これはオンライン取引でも同じ行動が見られます。そして今、世界的なパンデミックにより、私たちの取引の多くがデジタルおよびオンラインで行われています。店頭で1日あたり数千人が来客する場合、店ではどのように顧客中心を維持できるでしょうか?1時間当たり数千人ではどうでしょうか?顔を合わせていない顧客と、どのように個人的な関係を保つことができるのでしょうか?

企業はテクノロジーに目を向けています。マイクロソフトの顧客データプラットフォームは、顧客の全体像と洞察を得るまで、これまでとは比べ物にならない短時間でパーソナライズされたエクスペリエンスを強化します。Microsoft Dynamics 365 Customer Insightsを使用すると、企業は顧客のより包括的な視点を得ることができます。では、なぜもっと多くの企業がそれを実装しないのでしょうか。その理由は、優れた洞察には優れたデータが必要であるからです。しかし、企業は多くのデータを持っているはずではないでしょうか?それは事実かもしれませんが、そのデータにアクセスできるとは限りません。データは企業全体に分散しており、常に利用できる状況にあるとは限らないのです。

Customer Insightを加速する新たなアクセラレータ

データにアクセスでき、データを収集できたとしても、それは果たして信頼できるデータでしょうか?データの品質は問題ないですか?データを外部データセットで拡張できますか?これらのポイントのいくつかについては、以前のブログで取り上げました。そこでは、Gopi Sankaranは、Microsoft Business Applications Summit(MBAS)で発表した新しいInformatica Accelerator for Microsoft Customer Insightsについて説明しています。このアクセラレータは、顧客がCustomer Insightを最適化し、評価および成果を得られるまでの時間を短縮できるように設計されています。Microsoft Business Applications Summitで発表されたデモビデオでは、インフォマティカがCustomer Insightの利用を加速することに役立つ3つの主要な領域について説明しました。

•顧客データソーシングの高速化

•データのエンリッチ化とクレンジング

•洞察から行動へ

デモでは、ソースを選択し、「プレビュー」機能を使用して、データマッピングを作成する方法を確認できます。Informatica Intelligent Data Management Cloudにより、ストリーミング、オンプレミス、SaaSのデータソースを含む200以上のデータソースへの豊富な接続が可能になります。また、90以上のスキャナーは、企業全体で指数関数的な顧客データの量を検出して拡張する機能を提供します。では、基礎となるデータモデルがわからない場合はどうなるでしょうか?私たちのインデックスはそのような場合もサポートします。

デモでは、必要なフィールドをすばやく見つけるのに役立つ「構造パーサートランスフォーメーション」などの機能を確認することができます。XMLデータを構造化データと結合しようとする際に、「クレンジングトランスフォーメーション」がデータを最高の状態に保つためにどのように役立つかがわかります。 次に、共通データモデルトランスフォーメーションを利用して、Microsoft Customer Insightsでデータを簡単に使用できるようにします。現在、CDMには多数のフィールドがあり、このプロセスに非常に時間がかかる可能性があります。デモ中は、必ず「自動マッチとスマートマッチ」機能に注意してください。マッピング処理にかかる多くの時間を節約する方法がわかります。

真の価値は、Customer Insight内のこの豊富な新しいデータすべてにアクセスできるようになったときにもたらされます。分析に必要なすべての属性を備えたCDMモデル構造とともに、データがADLSストアにどのように存在するかを確認できます。

Customer Insightの活用を迅速に加速できるほど、なによりもその努力において顧客中心を維持することができるのです。付加価値のあるコンテキストで顧客プロファイルを充実させ、一貫した高品質でインテリジェントな洞察を実現します。


本ブログは2021年5月11日Doug LouieによるGetting to Customer Centricity with the Informatica Intelligent Data Management Cloudの翻訳です。