ガートナー社の2021年MDMソリューションのマジック・クアドラントにおいて、インフォマティカが再び「リーダー」に選出

ガートナー社により、マスターデータ管理(MDM)ソリューションレポート、2021マジック・クアドラント(MQ)のリリースが発表され、インフォマティカが5年連続でリーダーに選出されました。レポートでは、インフォマティカを「実行能力」と「ビジョンの完全性」の両方で最も高いポジションに置いています。この評価を非常に誇りに思うと同時に、Informatica MDMの成功につながったイノベーションとお客様の能力が素晴らしく証明されたと確信しています。

この結果は、世界中の企業にマスターデータ管理ソリューションを提供する上でのインフォマティカの継続的なグローバルなリーダーシップ、強み、および数十年の経験を裏付けるものです。

私たちのビジョンを共有し、インフォマティカをリーダーとして認められるように支援してくださった2500を超えるお客様に感謝します。 Informatica MDMは、カスタマーエクスペリエンス、デジタルコマース、サプライチェーンの弾力性、財務データ管理などに関して組織が直面するミッションクリティカルな課題の解決に役立ちます。レポートの結果は、お客様が達成されたメリットの真の証なのです。

2020年は全ての人にとって挑戦的な年でした。しかし、インフォマティカでは、一緒に達成したすべてのことを目の当たりにすることができました。私は以下の理由により、このリーダーシップの地位を継続して達成することが可能であると考えています。

製品の革新:昨年、MDMおよび360度ソリューションポートフォリオ全体で強力な成果を上げ、提供能力を向上させる革新的なリリースを四半期ごとにリリースしました。私たちのイノベーションは、主にクラウド、AIに焦点を当てたもので、MDMの実装と使用を容易にします。

ビジネスソリューション:インフォマティカは、Customer 360Product 360Supplier 360Reference 360​​、Finance 360​​などの構築済みソリューションを提供しています。これらのソリューションは、エコシステムの弾力性と柔軟性を活用できるように構築されたオンプレミスおよびクラウドサービスです。本ソリューションは、あらゆる企業規模とセキュリティを提供します。

クラウドファースト、クラウドネイティブ:組織は、データ管理の最新化と改善を目指して、急速にクラウドに移行しています。私たちは、お客様のクラウド導入を支援するためにイノベーションを加速し、製品全体でクラウドファースト、クラウドネイティブ戦略を主導しています。この12か月で、Informatica Intelligent Cloud ServicesにReference360、Finance 360​​、Customer360などの新しいMDMソリューションを発表しました。

プラットフォームアプローチ:AIを搭載したIntelligent Data Platform(IDP)は、企業全体でデータの価値を解き放ち、最も複雑な問題解決をお手伝いします。 Informatica MDMおよび360度ソリューションはIDP上に構築されています。これらは、開始、実装、管理、拡張が容易なSaaS環境で最高の機能を備えたオールインワンソリューションです。 Informatica MDMのお客様は、IDPの統合されたデータ品質、データ統合、データガバナンス、ビジネスプロセス管理、およびデータセキュリティ機能の恩恵を受けることができます。

MDM向けのAIと機械学習:2020年8月、インフォマティカはAIスタートアップのGreenBay Technologiesを買収しました。 Green Bayのテクノロジーをプラットフォームに統合することで、機械学習とAI技術を追加し、エンティティマッチング、スキーママッチング、メタデータナレッジグラフなどのデータ管理タスクを自動化しました。これにより、当社の360度ソリューションは、顧客、製品、サプライヤー、財務などに関するリアルタイムで正確なデータを活用したインサイトを提供しています。

お客様の成功:製品、サービス、サポートにおいて、インフォマティカはお客様を一番に考えています。そしてこれこそが、12年連続で顧客ロイヤリティのトップベンダーとして評価されている理由です。 MDMの導入に成功した当社の一貫した実績は、お客様に計り知れない価値をもたらしています。例えば、Hyattでは顧客満足度の向上、PUMAは購買率の向上、そのほかUnilever、BMWなどでも同様の効果が挙げられました。さらに、FDAは、コロナ禍において、グローバルな医薬品サプライチェーンを管理しています。

This graphic was published by Gartner, Inc. as part of a larger research document and should be evaluated in the context of the entire document. The Gartner document is available upon request from Informatica

MDM管理ソリューションのGartner2021マジック・クアドラントは英語のレポートではありますが、是非一度目を通してみてください!その理由についてご説明します。

本レポートは、市場で入手可能なMDMツールとソリューションを使用する何百もの顧客からの重要な調査とフィードバックの集大成を表したものです。 MDMイニシアチブを開始したり、現在の展開を再評価したりする組織のために、ガートナー社のトップ業界アナリストは、MDM分野のすべての競合他社の貴重で詳細な分析と広範囲な見解の両方を提供しています。

MDM MQは、各競合他社を以下の4つ(ニッチプレーヤー、チャレンジャー、ビジョナリー、リーダー)に分類し、グラフィカルな処理を行います。また、標準化された一連の評価基準を適用することにより、各ベンダーが表明されたビジョンをどれだけうまく実行しているか、そして現在の市場においてどれほど効果的に機能しているかをすばやく確認するのに役立っています。たとえば、リーダーは現在あるビジョンに関わらず実行力を持ち、未来のために好位置にあるとして選出されますが、ニッチプレーヤーは、小さなセグメントのみに焦点を合わせた結果として、または焦点が合っておらず、他のプレーヤーよりも革新的または優れたパフォーマンスを発揮できないとして位置づけられます。 

詳しくはGartner Magic Quadrant for Master Data Management Solutions (英語)でご確認ください。


ガートナー社のマスターデータ管理ソリューションのマジック・クアドラント、 Simon Walker氏、Sally Parker氏、Malcolm Hawker氏Alan Dayley氏、Divya Radhakrishnan氏 共著、2021年1月27日

ガートナー社は、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価や任命を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。



本ブログは2月1日のPrash ChandramohanによるThe latest Gartner Magic Quadrant for Master Data Management Solutions is Out—and Informatica is a Leader Againの翻訳です。