シンプル、生産性、拡張性に優れたクラウドデータウェアハウスとデータレイク

クラウドネイティブアナリティクスの成果を上げる

クラウドはすべてのデジタルトランスフォーメーションを実現する上で重要な役割を果たしており、クラウドを採用する企業は飛躍的に増加しています。今年はワークロードの80%以上がクラウドで実行されると予想され、同量がクラウド間で移動すると予想されます(出典:Forbes、Logic Monitor Cloud Adoption)。


しかし、ほとんどのクラウドデータウェアハウスとデータレイクプロジェクトが期待される結果を出すことができていない

企業がクラウドで分析を構築、統合、最新化する際の重要事項はデータです。問題は、多くの組織全体においてエンドツーエンドのデータ管理が不足しているために、クラウドデータウェアハウスとデータレイクから期待される価値とROIを実現するまでに予想される時間の把握に苦労しています。

では、現在のデータ管理アプローチのいくつかの課題を詳しく見てみましょう。

クラウド内のデータウェアハウスまたはデータレイクを最新化する際に組織が直面する重要な課題の1つは、ファイル、データベース、ストリーミング、IoTデバイスなど、さまざまなサイロ化されたソースからこれらを簡単かつ迅速に取り込み利用する方法です。
次の課題は、データをクラウドネイティブのデータウェアハウスまたはデータレイクに配置したときに発生します。あるクラウドから別のクラウドに大規模なさまざまなワークロードをすばやくシームレスにアクセスし、管理、共有、および移動するにはどうするか、特にデータがさまざまな形式で、さまざまなディメンションがあり、頻繁に変更される場合、アナリティクス使用のためにどのように変換するか、信頼できるデータをすべての人が利用できるようにするにはどうすれば良いか、どのようにしてそれを安全に管理するか、といった問題もあります。

クラウドネイティブのデータウェアハウスとデータレイクの実装が推進される中、78%もの顧客が簡単で信頼性が高く、使いやすいデータと分析ソリューションを求めています。その多くは、手動でコーディングしているため、生産性や速度の低下、リスクにさらされています。クラウドデータ管理インフラストラクチャの管理費は、それらのさらなる低下を招き、コスト増加を生じさせます。近い将来に大きな打撃を与えるペタバイトのデータ処理のために、スケールアップすることが急務です。

クラウドファーストのクラウドネイティブデータ管理により、クラウドアナリティクスを加速

クラウドデータウェアハウスとデータレイクでデータ品質とデータ管理に体系的かつ統合されたアプローチを採用しなければ、企業は価値実現までの時間の短縮やコスト削減、効率改善、スケールアップ、柔軟性向上、ビジネスの意思決定における信頼できるリアルタイムのインサイトを提供することはできません。焦点を絞った包括的なクラウドネイティブのデータ管理戦略は、最新化、統合、またはクラウドの導入を開始するなどにかかわらず、価値とROIまでの時間を短縮するのに役立ちます。また、Amazon Web Services、Google Cloud、Microsoft Azure、Snowflake、Databricksなど、ビジネスを行っているクラウドプラットフォームにまたがるマルチクラウド戦略を使用することにより、ビジネスの将来確保につながります。

AIを活用したクラウドネイティブのデータ管理により、シンプルさ、生産性、拡張性を実現

適切なデータを適切な人に適切なタイミングで適切な形式で配信するために、御社はクラウドアナリティクスイニシアチブの加速をどのように図りますか?

インテリジェントで自動化されたクラウドネイティブのデータ管理だけが、成功に必要なシンプルさ、生産性、拡張性を実現できます。

インフォマティカは、業界をリードするインテリジェントで自動化されたクラウドネイティブのデータ管理を提供します。取り込みと処理が拡張され、Sparkの高度なサーバーレス機能と弾力性のある機能により、あらゆるタイプのワークロードに対応し、お客様のクラウド分析ジャーニーのシンプルさ、生産性、拡張性を促進します。

Informatica Winter Launchでは、インフォマティカのクラウドデータウェアハウスとデータレイクソリューションに高度なサーバーレス機能でデータ管理を簡素化し、すべてのユーザーの生産性を民主化および自動化し、データ管理パイプラインの前例のない弾力的なスケールを実現することを目的とした、いくつかの斬新な拡張機能を追加いたしましたので、クラウドネイティブアナリティクスをさらに加速させます。

インフォマティカの高度なサーバーレスデータ管理デプロイメントを使うことにより、ハードウェアやソフトウェアを管理する必要がなくなります。DevOps、DataOps、MLOpsを簡素化し、開発者がビジネスロジックに集中できることを可能にします。また、新しいデータパイプラインを迅速にデプロイして価値実現までの時間を短縮、さらにはコスト最適化のためにクラスターを自動的にスケーリングし、インテリジェントな自動調整で高性能を実現します。

Informatica Winter Launchからの重要なハイライトは以下となります。

サーバーレス、ゼロコードのシンプルさ:インフォマティカは、管理するハードウェアやソフトウェアを持たない唯一のクラウドネイティブデータ管理ベンダーです。さまざまなソースからの一括およびリアルタイムの取り込みのためのウィザード主導の一貫したエクスペリエンスと、データ開発パイプライン全体にわたる100以上の事前構築された関数とテンプレートによる簡単なドラッグアンドドロップ設計エクスペリエンスをご堪能いただけます。

インテリジェントで自動化された生産性:マッピングロジックの再利用を促進する動的マッピングフレームワーク、自動スキーマドリフトサポート、データを取り込むための自動変更データキャプチャ(CDC)、Sparkジョブの自動調整などにより、毎月70%のデータエンジニアの時間節約が可能です。 

これまでにない柔軟なスケール:インフォマティカは、データパイプラインのAI / ML主導の自動スケーリング、最大50倍のパフォーマンス向上を実現する高度なプッシュダウン最適化、数万のデータベーステーブルからデータを取り込むための自動バルクロードと増分変更データキャプチャ、2時間以内に3TBのデータ処理可能なSpark基盤の弾性処理エンジンをご提供いたします。

インフォマティカによって、御社のクラウドデータウェアハウスまたはデータレイクプロジェクトの成功を確約するだけでなく、クラウドアナリティクスイニシアチブの価値実現とROIの向上を加速化します。

次のステップ

ソリューションの概要である「Modernize Your Data Warehouse and Data Lake in the Cloud(データウェアハウスとデータレイクをクラウドでモダナイズする)」もぜひご覧ください。



本ブログは1月27日のSampa ChoudhuriによるSimplicity, Productivity, and Scale for Cloud Data Warehouses and Data Lakesの翻訳です。