デジタルトランスフォーメーションのためのパートナーを、コラボレーションパートナーシップで最大化

 

「エンタープライズビジネスにおいて、2020年末までにワークロードの83%がクラウドに存在するようになる」とForbes社が伝えているように、デジタルトランスフォーメーションはパンデミック後の戦略を検討している企業によって加速し続けています。エンタープライズビジネスは、クラウドプロバイダーが提供するスピードと規模を利用して、クラウドに移行する際の既存の投資の価値の最大化を図っています。すべてのアプリケーションは、デジタルコンポーネントを備えたビジネスプロセスによって駆動されますが、その多くは完全にデジタルで行われています。

エンタープライズビジネスは、グローバルシステムインテグレーター(GSI)、テクノロジー企業、クラウドプロバイダーなどの確立されたパートナーに対して統合ソリューションの提供を求めていますが、 1つのベンダーまたはプロバイダーがこれを単独で行うことはできません。

双方向のパートナーシップ

パートナーシップは通常のビジネスコラボレーションの一環です。デジタルトランスフォーメーションに取り組むために形成されたGSI、クラウドプロバイダー、テクノロジー企業の間で双方向のパートナーシップが存在し、現在、多くの双方向パートナーシップが市場で活発に行われています。たとえば、GSIとクラウドプロバイダー間の共同パートナーシップには、Accenture Google Business GroupCapgemini Azure Initiative、またAWS上のDeloitteがあります。

さらに、テクノロジー企業同士のコラボレーションとして、Google上のSAPAWS上のSAPAzure上のSAPなどが実施されています。また、新興テクノロジー企業のクラウドパートナーとの提携には、Google上のSnowflakeAWS上のSnowflakeAzure上のSnowflakeなどが挙げられます。これらのパートナーシップは、新しいデータ分析機能を活用しながら、クラウドビジネスの移行の準備を整えます。

典型的な双方向のパートナーシップは以下となります。

  • GSIとクラウドプロバイダー
  • テクノロジー企業とクラウドプロバイダー
  • GSIとテクノロジー企業

双方向のパートナーシップを超えて進化するデジタルトランスフォーメーション

エンタープライズビジネスが完全なデジタルデータトランスフォーメーションに移行するにつれて、効果的なデータ主導の決定を行うために、データアセットにアクセス、キュレート、カタログ化、取り込み、自動化、および学習する機能が必要になります。単一または複数の切断されたビッグデータリポジトリ、クラウドインフラストラクチャプロバイダー、およびアプリケーションだけでは、もはや足りません。

企業は、デジタルトランスフォーメーションイニシアチブを効果的に適応・拡張するために、複数の協力的なパートナーシップを必要としています。今必要なのは、確立された統合と主要なデジタルトランスフォーメーションプロバイダーとのパートナーシップによるマルチパートナーコラボレーションを可能にする加速するプラットフォームです。この加速するプラットフォームは以下を必要とします。

  1. データ品質、カタログ化、整合性、およびセキュリティの組み込み
  2. 任意のクラウドプラットフォーム、または複数のクラウドプロバイダー間で実行できるクラウドネイティブであること
  3. AI (人工知能)/ ML(機械学習)を基盤として構築
  4. サービス統合とビジネスプロセス統合のためのAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)

Data4.0 では、AIとMLが真のデジタルトランスフォーメーションのためのインテリジェントなデータ管理の要となっており、これらの機能は、Data 4.0に進化するビジネスにとって不可欠です。

インテリジェントデータ管理 – 次のレベルのパートナーシップ

真のデジタルトランスフォーメーションを遂げるためには、企業はコラボレーションパートナーシップにインテリジェントなデータ管理を取り入れる必要があります。 ぜひインフォマティカのIntelligent Data Platformをご導入ください。


インフォマティカのプラットフォームはクラウドファーストでクラウドネイティブです。すべてのデータタイプ、パターン、または遅延に対処し、AI / MLが組み込まれた、堅固なセキュリティとデータ品質の基盤に基づいたゼロコードアプローチをご提供しています。

インフォマティカは、GSI、主要なクラウドプロバイダー、およびテクノロジープロバイダーとの戦略的パートナーシップを確立しており、レガシーおよび新興のテクノロジープロバイダーとの長年にわたる統合された専門知識を確立しています。 インフォマティカの Intelligent Data platformは、真のData 4.0デジタルコラボレーションのためのデジタルトランスフォーメーションを実現します。

エンタープライズビジネスはこの傾向を受け入れており、パートナーはインフォマティカが提携を行っているDeloitte | Snowflake | AWSソリューションなどのマルチパートナーコラボレーションに対応しています。このマルチパートナーのコラボレーションオファーは、Amazon Web Servicesで実行されるSnowflakeのData Analytics Cloudプラットフォームと組み合わせて、DeloitteのAIと分析の専門知識を統合するものです。この「データディスラプションソリューション」は、エンタープライズビジネスがクラウドのモダナイゼーションを活用して、ビジネスのデータ主導の意思決定を行う際の価値実現までの時間を短縮するのに役立ち、その結果、デジタルトランスフォーメーションの加速が可能となります。


2021年以降、インフォマティカはData4.0デジタルコラボレーションパートナーシップの強化をします。

インフォマティカのInformatica’s cloud and GSI partnerships(インフォマティカのクラウドとGSIのパートナーシップ)の詳細をぜひご覧ください。



本ブログは12月8日のRon LongによるPartnering for Digital Transformation? Maximize Value with Collaborative Partnershipsの翻訳です。