可能性を広げる データガバナンスとSnowflakeクラウドデータプラットフォーム

企業は、新しいシステムを構築したり、既存のオンプレミスシステムをクラウドに最新化することで、俊敏性を高め、アナリティクスイニシアチブのポテンシャルを最大化しようとしています。 Snowflake クラウドデータプラットフォームは、その独自のアーキテクチャにより、従来のデータウェアハウスの複雑さを排除しながら、弾力性、多様なデータのネイティブサポート、および魅力的なパフォーマンスをわずかなコストで提供しています。

ただし、すべてのデータを識別してSnowflakeに取り込み、すべてのワークロードを任意のクラウドで実行できるようデータを管理およびガバナンスする方法が必要です。データウェアハウスとデータレイクを最新化するためのイニシアチブの成功は、信頼できる高品質のデータがあるかどうかにかかっています。つまり、データガバナンスプログラムを導入する必要があります。

データウェアハウスのデータガバナンスとは何か?どうしてそれが重要か?

データガバナンスはITとビジネス間のコラボレーションであり、ITとビジネスは、データの信頼性と品質を一貫して協調的に改善して、主要なビジネスイニシアチブを強化し、規制への準拠を確保する必要があります。

クラウドデータウェアハウスまたはデータレイクに移行するときに、不正確で信頼できないデータを移動したくないため、これは重要です。そうでないとビジネスに深刻な影響を及ぼします。データウェアハウスまたはデータレイクのデータガバナンスが不十分である場合の重大なリスクには、以下があります。

  1. 不十分なデータガバナンスは、コンプライアンスに問題を与える可能性がある
  2. 信頼性の低いデータは、ビジネスの意思決定に短期的および長期的な影響を及ぼす
  3. 新しいことをすばやく実験できない

データガバナンスでSnowflakeのクラウドデータプラットフォームを最大限に活用

Snowflakeのクラウドデータプラットフォームにデータを移動することには多くの利点があります。明らかなのは、コストと柔軟性です。しかし、悪いデータを移動すると、悪い決定を下すことになります。 (インフォマティカのセグメントリーダー兼データガバナンス&プライバシー担当副社長のSusan WilsonによるThe Importance of Data Quality and Data Governance in the Snowflake Data Cloudをお聞きください)

Snowflakeのクラウドデータプラットフォームのメリットを最大限に活用するには:

  1. 組織内外のデータサイロを排除しなければならない
  2. データが何であり、どのように使用されているかを知らなければならない
  3. リスクを管理するための柔軟なアプローチが必要

Snowflake Data Cloudエコシステムを顧客、パートナー、データプロバイダー、データサービスプロバイダーが安全で管理されたコンプライアンスのあるシームレスな方法でデータセットにアクセスできるようにするには、すべての役割が関われ、その定義とルールが運用可能になるようにするための堅牢な民主化プラットフォームが必要です。

大手企業がエンドツーエンドのデータガバナンスを実現するためにインフォマティカを利用しているのは、その豊富な機能のためです インフォマティカの最新のAI主導のクラウドネイティブデータプラットフォームは、ガバナンスとデータの民主化に対して、統合されたインテリジェントで自動化された唯一のソリューションをご提供いたします。

インフォマティカは、企業が広範なプラットフォーム機能にアクセスできるようにするために、Snowflakeプロジェクトの成功のためSnowflakeパートナーシップにリソースを投入し、多大な投資を行っております。

データの民主化、Snowflake、インフォマティカ、そして企業

Snowflake クラウドデータプラットフォームは、データ民主化イニシアチブにおいて不可欠な部分の形成が可能です。データ民主化プラットフォームを構成する属性を詳しくご覧ください。


インフォマティカとSnowflakeによって強化された統合データクラウドアーキテクチャにより、組織はすべてのデータを簡単に変換、統合、分析できます。また、管理されたライブデータを安全に共有、取得、または収益化するだけでなく、データアプリケーションを構築および運用することもでき、瞬時にほぼ無限に拡張します。これにより、あらゆる組織が、業界および地域のデータプライバシー要件を満たしながら、さまざまなインフラストラクチャクラウドプロバイダーとその地域を単一のクラウドとして運用できます。

次のステップ

過去数年にわたって、データ駆動型になることに最も成功している顧客は、「最初に移動するデータをどのように決定するのか?」という、基本的な質問をすることから始めていることがわかりました。最も価値があり、その価値をより迅速に得られるユースケースから始めるようにされるといいでしょう。小規模から始め、長期的な戦略を立てることをおすすめいたします。

次に、広範なデータガバナンスシステムの助けを借りて、データをSnowflakeに確実に移動するための堅牢で拡張可能なメカニズムがあることを確認する必要があります。



本ブログは11月4日のAvadhoot PatwardhanによるData Governance and the Snowflake Cloud Data Platform — Unlock Your Potentialの翻訳です。