5つのデータに起因するサプライチェーンの課題とその解決方法

サプライチェーンのリーダーたちは、不安定な市場動向や急速に変化する顧客の需要、およびサプライチェーンの混乱に対して新たに生まれたリスクによって、近年すでに試練を受けていました。そのような状況の中、世界的なパンデミックの新しい現実は、サプライチェーン管理にさらに多くの課題をもたらしました。俊敏性と運用ビジネスの洞察を利用してサプライチェーンの回復力を構築することは、CPO(最高購買責任者)、CFO(最高財務責任者)、およびサプライチェーンの経営幹部にとって長い間優先事項でした。しかし、パンデミックによりその緊急性が高まっており、CFOの31%が、新型コロナウィルスの発生に関連した上位3つの懸念のうちの1つとしてサプライチェーンの問題がランク付けされていると回答しています(PWC)。

そして、これらの課題のほとんどがデータに起因していることは、当然のことなのです。サプライヤー、製品、材料、または顧客のデータに対するエンドツーエンドの洞察がなければ、マクロ需要の傾向をよりよく理解して、代替サプライヤーを迅速を特定し、コラボレーションを改善、市場投入までの時間短縮のために採用を自動化して時間を短縮することはできません。
こちらに挙げるのは、世界的なパンデミックによって高まった5つのデータに起因するサプライチェーンの課題です。

1.可視化の欠如は敏捷性と意思決定を低下させる

多くの場合、サプライヤーデータは不完全で古く、SCMやサプライヤーリレーションシップマネジメント(SRM)ソフトウェア、数十または数百のエンタープライズリソースプランニング(ERP)、財務・会計支払いシステムなど、製品ラインと地域の数十または数百のシステム間で断片化されています。貴重なデータは、スプレッドシート、データベース、リモートファイルストアに埋もれており、それぞれに独自の構造とデータモデルがあります。この非常に価値のある資産は、各ビジネスユニット、すべての調達チーム、およびすべての地域オフィスに蓄積されています。多くの場合、すべてのサプライヤーやサブサプライヤーの統合された、完全かつ信頼できるビューが無いため、迅速に行動することが不可能になっています。

事実:

  • 調達リーダーの65%は、一次サプライヤー以外の可視化が限定的、もしくはできていません。(ロイト
  • CFOの76%は、「真実のバージョン」がなければ、組織がビジネス目標を達成するのに苦労することを認めています。 (アクセンチュア

これまで以上に、調達と財務にとって、信頼できる360度ビューはサプライチェーンとサプライヤーネットワーク全体に必要となっています。サプライチェーンの回復力を構築するには、代替サプライヤーを迅速に特定して採用するのに役立つ自動化されたワークフローが必要です。一元化されたアクセスによってすべての関係の確実な理解が可能となり、サプライチェーンの洞察と意思決定を改善するための、サプライヤーデータの可視化と透明性が向上します。

2.品質の低いデータには数百万ドル規模のコストがかかる

データが不完全、または古くなっている場合、最高のサプライヤー情報管理ソリューションでさえ役に立つことはできません。実際、サプライヤーのデータ品質が低いと、ビジネス上の意思決定の問題、運用とロジスティクスの非効率、調達情報の欠落、および多大な機会費用の観点から、数百万ドルの費用がかかる可能性があります。

事実:

  • CPOの93%が、今後12か月の組織の優先事項としてコスト削減を挙げています。(デロイト
  • CPOの60%は、マスターデータの品質、標準化、およびガバナンスの低さを、調達の最大の(5つの)課題として挙げています。(デロイト

サプライヤー管理ワークフローに組み込まれた自動データ品質チェックは、手動の作業負荷とコストを削減しながら、サプライヤーデータの品質を効果的に向上させることができます。

3.手動プロセスは市場投入までの時間が遅い

サプライヤーデータを管理するために非効率的で不十分な手動プロセスを使用すると、通常、多くの冗長なワークロードが伴い、市場投入までの時間が大幅に遅くなります。新しいサプライヤーの採用に数週間または数か月かかると、具体的な機会費用とビジネスの損失が生じます。 

事実:

  • CPOの68%は、調達プロセスの改善と自動化を組織の最優先事項として挙げています。 (ベイン・アンド・カンパニー
  • 企業の60%は、ツールを使用していない、もしくはワークフローの割り当てとサプライヤー関係の管理に即席のMS Officeツールを使用しています。 (ベイン・アンド・カンパニー

サプライヤーと製品情報の管理ワークフローを自動化すると、サプライヤーの採用、ワークフロー、およびセルフサービスにより、新しいベンダーの採用にかかる​​時間が最大80%短縮されます。加えて、新製品の市場投入までの時間が最大10倍向上します。

4.ガバナンス基準の欠如と透明性の欠如は、リスクを増大させる

サプライチェーンのリスク要因と不確実性は、過去2、3か月で増加しています。特定のサプライヤーのコンプライアンスやパフォーマンスを監視しながらリスクを評価する機能によって、一部のサプライチェーン経営幹部は苦労しています。

事実: 

  • CPOの93%が、組織の最優先事項としてリスク削減を挙げました。 (デロイト

新しいサプライヤーを採用する際にコンプライアンスを要因にすることで、サプライヤーのリスクを監視および削減することができます。これにより、サプライチェーンが寸断した場合にも代替サプライヤーにアクセスできる360度ビューを使うことで、サプライチェーンとベンダーのリスクを軽減できます。サプライヤー向けのすべてのアプリケーション、ビジネスインテリジェンスツール、およびアナリティクスプログラムに、信頼できる管理された最新のサプライヤーデータを提供すれば、財務、法務、およびサプライヤー関係の管理チームは、サプライヤーのリスクとコンプライアンスをより簡単に監視および分析できます 。

5.持続可能な調達とトレーサビリティは消費者の信頼とロイヤリティの鍵

覚えておくべきもう1つの重要な要素は、消費者が購入を決定する際の期待をどのように管理するかです。 ユニリーバのような一流ブランドやPVHのような小売業者は、これを長期的な成功の重要な推進力と見なしています。そのため、生態学的および社会的な持続可能性とトレーサビリティを中心にサプライチェーンとマーケティング活動に注力しています。責任ある透明性のある調達と持続可能性は、新しいサプライヤーを採用する際の要因になります。

事実:

  • 消費者の63%は、サプライチェーンのトレーサビリティが重要な基準であるため、信頼できない企業からの製品やサービスを購入しないことがわかっています。(アクセンチュア
  • CEOの99%は、持続可能性がビジネスの将来の成功にとって重要であると考えています。 (アクセンチュア

信頼できる関連性のある製品、成分、および調達データを提供することで消費者の信頼を獲得し、独自のシームレスなブランドエクスペリエンスの作成、コンプライアンス、透明性、持続可能性をサプライヤーの採用と監視の際の要因にするのです。


本ブログは9月1日のAntonia Rennerによる5 Data-Driven Supply Chain Challenges—and What You Can Do About Themの翻訳です。