次世代エンタープライズアーキテクチャの5つの主要機能

IT管理者は、ビジネスステークホルダーの目標に直接的な「見通し」に影響を与えるデータアーキテクチャとデータ管理手法を「最新のものにする」という課題に直面しています。私たちが生きるこの変化の激しい時代を考慮すると、多くの組織がデジタルトランスフォーメーションと近代化を加速するために取り組んでいます。
デジタルトランスフォーメーションと近代化に関連する戦略的イニシアチブには、クラウド分析(クラウドデータウェアハウスやデータレイクなど)、データガバナンスとプライバシー、およびビジネス(顧客、製品、サプライヤー、ファイナンスなど)の360度ビューを実現する機能が含まれます。

データ量が増えると、より多くのデータタイプが出現し、データが作成される割合と速度が指数関数的に増加します。エンタープライズアーキテクトは、次世代のエンタープライズアーキテクチャ戦略と、包括的で統合された最新のロードマップを作成する必要があります。また、テクノロジーが変化し進化し続けるため、ソリューションとロードマップは、モジュール式で、柔軟性があり、俊敏で、将来を見据えたものである必要があります。

次世代エンタープライズアーキテクチャのあらゆるデータ課題に対応

多くのエンタープライズアーキテクトは、新しいテクノロジー、プロセス、ベストプラクティスを合理化して一元化し、セルフサービスモードですべてのビジネスユニットがそれらを利用できるようにして、さらには企業全体のデジタルトランスフォーメーションと近代化の取り組みを加速します。

エンタープライズ全体のテクノロジー標準とツールを定義することにより、エンタープライズアーキテクトは再利用性の計画、コストの削減、テクノロジーの変化に応じたアーキテクチャの将来的な有効、データガバナンスとプライバシーポリシーの適用によるデータの民主化を実現し、信頼できるデータがスムーズにセルフサービス方式で企業全体を安全に移動できるようにします。

次世代のアーキテクチャをサポートする従来のデータ管理ソリューションは高価かつ手作業なので、時間のかかるプロセスを必要としますが、新しく出現したニッチベンダーソリューションは断片化されています。そのため、エンドツーエンドのワークストリームをつなぎ合わせるために広範な統合が行われるため、データコンシューマーは有用なデータを取得するために数か月待つ必要があります。

したがって、次世代のエンタープライズアーキテクチャは、データの取り込み、ストリーミング、統合、クレンジングなど、データパイプライン全体をサポートする必要があります。また、意思決定の改善、高度で予測的な分析の強化、そしてビジネスの成果を高めるためには、あらゆるタイプのデータをエンリッチ化し、準備、マスター、ガバナンス、保護、およびより多くのデータ利用者に提供できる必要があります。

近代化の取り組みを成功させるためには、新しいクラウドデータウェアハウスとデータレイク、IoT、ビッグデータ、マスターデータ管理、データガバナンス、および幅広いビジネスイニシアチブをサポートする進化する規制要件に対応する堅牢なデータアーキテクチャを確立することが必要です。

インテリジェントデータプラットフォームのメリット

インフォマティカは、IT機能と投資をビジネスの優先事項とより適切に連携させることを目的として、エンタープライズクラスのクラウドネイティブなエンドツーエンドのクラウドデータ管理プラットフォームをシニアITリーダーとエンタープライズアーキテクトにご提供します。

インフォマティカは、エンタープライズアーキテクトがインテリジェントデータプラットフォームを使用して、より多くのユーザー、新しいデータ管理パターン、データソース、データタイプ、レイテンシ、および実装オプションに対応できる包括的なエンタープライズクラウドデータ管理プラットフォームの構築を支援します。 インフォマティカのインテリジェントデータプラットフォーム(IDP)のメリットには、以下のような次世代エンタープライズアーキテクチャがあります。

  • エンタープライズ全体の実装のパフォーマンスとサービスの点で拡張できる高度な機能を備えたエンタープライズクラウドデータ管理ソリューション
  • 小規模から始めて、ご自分のペースで成長でき、オープンAPIを介して環境に簡単に統合できるマルチクラウド、モジュール式、マイクロサービスベースのアーキテクチャフレームワーク
  • プラットフォームとすべてのデータ管理アクティビティ全体でインフォマティカの主要なメタデータ管理機能を活用することにより、組み込みのインテリジェンスと自動化を提供する、CLAIRE®エンジンのAIを搭載したイノベーション
  • 複数のステークホルダーのエンドツーエンドのワークストリームをサポートする共通プラットフォーム上の一元的および統合ツール
  • メインフレームからクラウド、IoTまで、あらゆる速度のあらゆるデータの管理とガバナンス

さらに、完全なInformatica Intelligent Data Platformは、それぞれの市場におけるすべての業界リーダーである製品から構築された包括的なエンドツーエンドのソリューションを提供します。

これらは、段階的に成熟し、ビジネスをサポートしながら、組織の内部の混乱を最小限に抑え、将来のニーズの要件に適応する次世代のエンタープライズアーキテクチャを構築するための重要な機能です。


本ブログは8月21日のDarshan Joshiによる5 Key Capabilities of a Next-Gen Enterprise Architectureの翻訳です。