インフォマティカのデータガバナンスフレームワーク

<この記事は、インフォマティカ・アドバイザリーサービス主任コンサルタントであるMary Wilson氏とLinda Kramerによる共著です>


 「十分な」データガバナンスは、戦略的な領域において早期に信頼性を構築し、それをさらなる成功への足掛かりとして活用することから始まる、エンタープライズデータガバナンスへの効率的な方法です。最近では、予測分析、セルフサービス分析、データの民主化などについて、また、無数の利用可能なデータによって議論がもたらされています。構造化データ、非構造化データ、データレイク、データウェアハウス、さらにはクラウドレイクハウスデータ管理などにより、比較的単純なトピックを圧倒するように思わせることができます。このデータのガバナンスをどこからどのように始めるかは、多くの人が疑問に思っている点です。多くの場合、容易に諦めてしまいます。そして、 「自分たちは利益を上げているのに、データガバナンスが何の役に立つのでしょうか?」 というように、行動を起こさない理由にしているのです。

強力なデータガバナンスプログラムがあると、組織のデータをわかりやすく説明し、有意義な方法でデータを整理することができます。

家を建てるのと同様に、プロセスを導くための計画を持つことは、何がどこに収まるのかを把握するなど、全体の流れを把握するのに必要不可欠です。これが正しければ、バランスは自然にとれます。データガバナンスに同じ概念と方法論を利用することで、組織は、最も優先度の高いビジネスニーズから始めて、データ資産を適切に管理および理解することができます。

次のセクションでは、持続可能なプログラムを構築するための計画としてInformatica Data Governance Frameworkを利用して、最初の価値を生み出すまでの時間を短縮するのに役立つ方法について説明します。

データガバナンスプログラムを設計するための計画として、このフレームワークの具体的な内容についてお話します。 私たちは、基礎的な構成要素から始めます。

  • 戦略的ビジネスの推進力
  • ガバナンスの成果
  • 処理
  • テクノロジー

フレームワークは、組織のデータガバナンスへのアプローチを構造化するための概念モデルを提供します。


これが意味するものとは?

このフレームワークによるメリットは、お客様が重要なことに集中できることです。多くのお客様は、望ましいビジネス成果を達成するために必要な全体像またはすべてのデータガバナンスコンポーネントを考慮することなく、テクノロジーに意識を向けていることがわかります。

しかしインフォマティカは、トップダウンのアプローチを採用することで、重要なこと集中するための調整を行います。

 「戦略」の構成要素では、ビジネス戦略と推進力を定義する全体的な基盤のステージを設定します。望ましいビジネス結果を特定するまで、データガバナンスをビジネスに適用することはできません。では、これがInformatica Data Governance Frameworkでどのように機能するのか、例を見てみましょう。


上記の例では、ビジネス目標は収益性であり高尚な目標です。具体的には、この組織は、セグメンテーションの改善により売上を20%増加させたいと考えています。

ガバナンスの観点からは、360度の顧客ビューにより品質を向上させる必要があります。

この目標を達成するには、ガバナンス組織を定義し、顧客データを合理化するDQスキルがあることを確認する必要があります。

また、意味のある構造化された方法で大量のデータにアクセスできるようにするため、テクノロジーとともにデータを標準化およびクレンジングするプロセスづくりをする必要があります。

別の例では、顧客満足度と定着率を向上させるために、顧客データの品質向上や、顧客をどのように分類するかを決定する必要があります。結果として、組織が目標を達成するために取り組む必要のある特定の課題またはガバナンス機能が見つかる場合があります。

最終的な目標は、ビジネスの成果と価値に合わせることに焦点を当てることです。これらは特定のガバナンステーマに現れ、最終的には測定可能なユースケースになります。以下の図に示すように、戦略的な測定基準から業務上の測定基準まで点を結ぶことが、データガバナンスプログラムの継続的な導入と成功の鍵となります。


データガバナンスプログラムのゴールは、ビジネスの成果を向上させることです。海を沸騰させるような、過剰に無意味なことはできないことを心に留めておいてください。インフォマティカの信条は、「大きく考え、小さく始め、早く拡張する」ことです。
他の組織の仲間とベストプラクティスを共有する仮想データガバナンスおよびプライバシー円卓会議に参加すると、フレームワークについてより詳しく学んでいただくことができます。 Informatica Data Governance and Privacy Foundationシリーズに登録することで、あなたはもちろん、組織の他のメンバーも認定を受けることができます。



本ブログは7月31日のLinda KramerによるInformatica’s Data Governance Frameworkの翻訳です。