データ4.0:マスターデータ管理による新しい360度ビュー

私たちは過去10年間、データ活用において指数的な変化を伴う道を歩んできました。まずData 1.0の時代では、特定のビジネスアプリケーションを駆動するためにデータを活用し、それらのアプリケーションがマスターデータを管理しました。 Data 2.0の時代では、データが企業全体のビジネスプロセスをサポートし、マスターデータ管理(MDM)ツールを使用して、アプリケーション間でマスターデータの一貫性を確保しました。そして、Data3.0の時代では、MDMがツールからマスターデータ管理ソリューションに進化し、Customer 360Product 360Supplier 360Reference 360​​などの個々のMDMドメインの360度のビューを提供しました。

データ4.0の時代に入る現在、私たちはデータと意思決定のための組織間コンテキストに対する需要が高まっているのを観察しています。 Data 4.0に進む企業は、マスターデータのさまざまなドメイン間の関係を理解し​​、トランザクションデータとインタラクションデータをマスターデータとリンクして、ビジネス全体で360度のビューを得られるようにしたいと考えています。このアプローチは、深い洞察を可能にし、個々のドメインがそれ自体では提供できない幅広いコンテキストを提供します。私たちは、この企業の視点をBusiness 360と呼んでいます。

なぜ今Business 360なのか

現代の組織は、複雑さの増大と変化の激しいペースに対処する必要があります。そして、顧客の獲得と維持、サプライチェーンの効率、および弾力性と最大の収益性と流動性のバランスをとる必要があります。ただし、これが単独で発生することはなく、意思決定とアクション全体のつながりと相互関係を理解する必要があります。分析とアクションがサイロ化されている場合、他のビジネスの優先順位を犠牲にして、ビジネスの1つの領域だけを最適化してしまうリスクがあるからです。

たとえば、顧客がどのチャネルを介して製品の購入をするかだけをマーケティングが調べるとしましょう。どのタイプのパーソナライズされたオファーを送信するかを決定する場合、在庫切れのアイテムを推奨してしまう場合があります。これは、優れたカスタマーエクスペリエンスではありませんし、ロイヤルティ、維持率、収益性が低下する可能性があります。真に情報に基づいたマーケティングの決定では、製品の可用性、予定どおりに配達する能力、および全体的な財務上の影響も考慮する必要があります。

目標は、ビジネスの各領域に、プロセスとユーザーをサポートするために重要なデータを提供することです。 Business 360戦略は、各データドメインの信頼できるビューを作成し、個々のドメインを接続し、データの独自の視点をさまざまなビジネス機能およびアプリケーションに提供する戦略です。 Business 360は、複数のドメインと組織を追加的なインテリジェンスと組み合わせ、360アプリケーション内で機能ごとにパッケージ化して、その機能のデータを管理します。Business 360のキーワードは、「データをコンテキストに基づいたものにしてビジネスに役立つものにすること」です。

Business 360の作成

顧客、製品、サプライヤーに関するデータは、異なるレベルの完全性と正確さを備えたさまざまなシステムとソースに存在します。マスターデータ管理機能は、さまざまなデータドメインの統合、クリーニング、標準化、およびリッチ化に役立ちます。機械学習機能は、マスター、トランザクション、インタラクションデータ間の関係を推測するのに役立ちます。また、グラフ機能は、すべてのデータポイントを一緒に接続して、潜在的な意思決定とアクションに対する企業への影響をさらによく理解するのに役立ちます。

Business 360のメリット

Business 360のメリットの例は次のとおりです:

  • 顧客維持、ロイヤリティ、収益性の向上
  • 最適化されたサプライチェーンの継続性、弾力性、柔軟性
  • 製品変換率、バスケットサイズ、収益性の向上迅速な財務統合とレポート
  • 予測、計画、分析による精度の向上迅速な財務統合とレポート
  • 予測、計画、分析による精度の向上
  • 迅速な財務統合とレポート
  • 予測、計画、分析よる精度の向上

ビジネスの将来を保証

Data 4.0の時代に移行するにつれ、データの規模、複雑さ、および重要性は増大し続けます。 Business 360は、よりコンテキストに基づいた、意味のあるデータを通じて、カスタマーエクスペリエンスの向上、サプライチェーンの最適化、デジタルコマースの強化、財務管理の向上をお約束します。

これを行うには、企業全体のデータをビジネスのエンドツーエンドの360度ビューにつなげ、特定のアクティビティまたはプロセスに応じて複数のドメインから人とアプリケーションにデータのサブセットを配信することが重要です。革新的なテクノロジーを提供し、価値実現までの時間を短縮し所有コストを削減し投資収益率を高め実行リスクを低減できる信頼できるパートナーが求められます。

カスタマーエクスペリエンスの向上/MDMに関する詳しい内容についてはこちらのウェビナーもご参考ください。


本ブログは6月23日の Suresh Menonによる Data 4.0: A New 360-Degree Perspective With Master Data Managementの翻訳です。