「Informatica World Tour 2017」レポート3 基調講演編

10月20日、目黒雅叙園にて開催された年次カンファレンス「Informatica World Tour 2017(以下、IWT2017)」のハイライトをお届けします。年々、回を重ねるごとに参加者も増えているIWTですが、今年は約400名のお客様・パートナー様にご来場頂き、おかげさまで大盛況となりました。ご来場頂いた皆様、ありがとうございました!今回はさまざまなお客様のお取組み事例を紹介いただき、さながら「事例祭り」の様相を呈しておりました充実のコンテンツを、エッセンスを凝縮してお伝えします。

冒頭は、インフォマティカ アジアパシフィックジャパンの責任者Murray Sargantによる、米テスラ社のイノベーション事例を交えた開会のご挨拶から始まりました。その後、革新的なユーザー企業様にお贈りする賞「Data Disruption Award」の授賞式を行い、栄えある第一回「Data Disruption of the Year」を受賞された、セイコーエプソン株式会社 田中様より基調講演を頂きました。

 

セイコーエプソン田中様による基調講演

田中様の講演では、「究極のものづくり企業へ。セイコーエプソンの目指す理想郷とグローバルIT戦略」と題し、「垂直統合型ビジネスモデル」への変革を推進するためのグローバルIT基盤の全体最適化のお取組み、「Eutopia」プロジェクトをご紹介いただきました。同社は各業務領域ごとのアプリケーション標準化と疎結合化を進めると同時に、迅速かつ柔軟なアプリケーション統合に不可欠なデータ流通基盤の整備と、マスターデータマネジメントを進めています。どのような経営/業務/IT課題に、PowerCenter、Data Quality、Master Data Management(MDM)、Product Information Management(Product 360)といったインフォマティカ製品をどう活用いただいているのかをテーマ別にお話しいただきました。

 

Eutopia 共通基盤の全体像

バリューチェーン、事業、地域横串での業績管理精度向上や、顧客起点での情報連携・サプライチェーン最適化など、多くの製造業が抱えている共通課題に対する現実解としての取組みを具体的にお話しいただき、イベント後も大きな反響をいただいた内容でした。

 

インフォマティカからは、米国本社よりクラウド、ビッグデータ、データ統合担当の製品責任者Ronen Schwartzを招き、インフォマティカのビジョンとプラットフォーム最新像を紹介しました。ポイントは2つ、データマネジメントのためのAIエンジン「CLAIRE」と、包括的なクラウドデータマネジメントプラットフォーム「Informatica Intelligent Cloud Services」です。

今年5月に米国で開催された本家「Informatica World 2017」にて、大々的に発表されたAIエンジン「CLAIRE」を、カタログソリューション「Enterprise Information Catalog (EIC)」のデモを交えながら紹介。今後、PowerCenterでのマッピング開発自動化も含む、あらゆる製品へのインテリジェンスの組み込む方針であることを表明しました。

また、クラウドベースの包括的なデータマネジメントプラットフォームとして「Informatica Intelligent Cloud Services(IICS)」を新発表、今年12月のリリースを皮切りに順次展開を進めていきます。

 

Informatica Intelligent Cloud Services全体像

 

もちろんこのクラウドプラットフォームにもCLAIREが活用されており、その一端として、非構造化データをAIが自動的に解析、構造化する「Intelligent Structure Discovery」のデモをご紹介。Webログやセンサーログ、またExcelファイルなどの非構造化データをAIが解析、その構造を可視化するとともに、そこから簡単にテーブル形式の構造化データを抽出・生成できるというソリューションです。一度、非構造化データから構造化データへのマッピングを定義すれば、その変換処理が部品化され、Informatica Cloud Data Integrationでも変換部品として利用できるようになるという強力な機能です。

 

非構造化データを自動解析し構造化するIntelligent Structure Discovery

 

インフォマティカが創業以来、重要視してきたメタデータとAIの融合によって生まれた「CLAIRE」をコアに、デジタル変革のためのデータマネジメントをより一層強力に支援・牽引していきます。ぜひ、Data3.0時代の新生インフォマティカにご期待ください!