クラウド時代に求められるデータ管理基盤

Data in the World of Cloud
Data in the World of Cloud

こんにちは。インフォマティカ編集部です。

あなたの会社では既にクラウド環境やアプリケーションの導入は進んでいるでしょうか?

クラウド化を進めるにあたり、どのようなクラウド製品を導入するかも勿論大切ですが、それらを迅速かつ正しく有効活用していくには、いいデータ管理ツールとプロセスが非常に重要です。今回は企業がクラウド化を進めるにあたって考慮すべき重要なポイントについて、いくつかお伝えします。

 

多くの企業で浸透してきている“クラウド・ファースト“の考え方

昨今多くの企業のCIOは、新たに自社用データセンターを作るのではなく、Amazon Web ServicesやMicrosoft Azureなどのパブリッククラウドの利用を考えるようになってきています。同様に、オンプレミスアプリケーションの検討より先に、Salesforce.comなどのSaaSアプリケーションの検討から入ります。

アジリティ、コスト、拡張性など、クラウドを利用するメリットがより一層企業に理解され始めていることにより、企業のクラウド技術の選択が進み、より素早い革新と大きなビジネス価値をもたらしています。しかしながら、“クラウド・ファースト戦略”の中で『データ』が担う真の意味については、まだ多くの企業が理解出来ていないのが実態です。

企業が今後スピーディーにクラウドアプリケーションやパブリッククラウドの導入を進めるためには、CIOやビジネスリーダーは3つの重要なポイントを考慮する必要があります。

 

1) クラウドの世界でのデータの可視化の重要性

SaaSアプリケーションを利用する上では、アプリケーションを提供する会社がデータモデルの定義やポリシー設定、データプロセス管理などの全てを行っています。そのためほとんどのユーザーは、そもそもクラウドに存在しているデータ内容を把握すらできていないことが多いのです。

例えばあなたの会社で、いくつのSaaSアプリケーションが従業員データを保持しているか把握していますか?貴社の顧客データはどのアプリケーションが保持しているか把握できていますか?これらの情報を正しく理解する上で重要なのはメタデータ(データに関するデータ)です。SaaSプロバイダーはユーザーへメタデータへのアクセスを許諾しています。そのメタデータをインポートし集約することで、クラウド内に存在するデータを明確に把握することができます。

2) ハイブリット環境への対応

例えば、とある企業では顧客管理にはSalesforce.comを標準ツールとして利用していますが、分析基盤や他のデータに関してはオンプレミスの環境を利用しています。また別の企業では、現在25種類以上のクラウドアプリケーションを利用しているなかで、社内の分析基盤としてAmazon RedshiftかAzure SQL Serverでの集中管理を検討しています。こういった企業で使われるデータ管理システムは、ハイブリッドでヘテロジーニアスな環境にも対応できることが必須になります。

3) データセキュリティの重要性

もちろんパブリッククラウドを利用していてセキュリティ侵害があった場合には、クラウドプロバイダーが第一に責任を負います。しかし利用企業側のブランドも危険にさらされてしまう問題であるため、ユーザー自身としても責任を持って管理する必要があります。つまり利用企業は確実に保護しなければならないデータに優先順位をつけ、それらを確実に保護するためのツールとプロセスを導入し、セキュリティを担保しなくてはなりません。データの優先付けをするには、どこにどのデータがどんな形で保存されているのかの把握、つまりは1)でお伝えしたデータの可視化が必須です。

セキュリティ保護が必要となるデータの優先付けができて初めて、クラウドプロバイダーと協力し、マスキングや暗号化などによる適切なセキュリティ制御を実行することができるのです。

 

今回お伝えしたかったのは、いいデータ管理ツールと然るべきプロセスを準備して初めて、企業として“クラウド・ファースト”戦略を促進できるということ、そして、我々インフォマティカはそういった企業のクラウド導入への道をサポートする会社ということです。我々はクラウドデータ管理のマーケットでもリーダーに位置付けられ、4500社を超える顧客にクラウドデータ管理サービスを提供しています。

データをうまく活用できれば、企業は競争優位に立つことができます。データがどこに管理されていようと、企業として全てのデータをコントロールできていることが重要なのです。

あなたの会社ではどこまでクラウドへの対応が進んでいるでしょうか?既にクラウドがもたらすメリットを有効活用するための環境準備を始めていますか?是非貴社の状況、今後のクラウドへの展望などご意見をお聞かせください!

 


※本ページの内容は2016年8月15日更新のUS Blog の抄訳です。

Data in the World of Cloud

著者:インフォマティカ社 CEO  Anil Chakravarthy

コメント