【パートナーブログ:MIND】長く使えるデータ関連システム構築の勘所

mind

パートナーブログシリーズ、三菱電機インフォメーションネットワーク株式会社(MIND)様からは、豊富な実績に基づくPowerCenterを使ったデータ統合・連携の勘所について寄稿いただきました。

 

 


 

クラウドコンピューティングが当たり前の時代を迎え、企業が活用するシステムの連携先は社内、社外を問わず多岐に渡ります。そのようなシステム間データ連携を効率的に行い、迅速に大量データを業務に活用する基盤が求められています。

三菱電機インフォメーションネットワーク株式会社(MIND)は、幅広いお客様企業のニーズに応えるため、堅牢な基盤のもとに安心のクラウドサービスを24時間365日運用監視するMINDデータセンターをベースにクラウドサービスを提供。クラウド・プラットフォーム、ネットワーク、セキュリティー、アプリケーションソリューションと、これらを支える運用管理・保守サービスが緊密に連携することで、お客様の多様なICTニーズにワンストップでお応えしています。

データ統合・連携の分野においては、インフォマティカ社日本法人が設立される以前の1999年より、三菱電機は米国インフォマティカ社とPowerCenterの日本語化の共同開発を実施し、2000年より日本国内でPowerCenterの販売を開始いたしました。以降MINDが、DWH、CRM、データ統合・連携基盤、クラウド連携、メインフレーム連携、SAP連携、海外連携など複数分野での構築支援を手がけ、現在まで250社以上の販売、導入支援の実績を持ち、それらから得られたノウハウに裏付けられた信頼と安心のサービスをご提供しています。

mind_1

 

データ関連システム構築に関する弊社提供サービスとその勘所

MINDは豊富な経験から得られた安定稼動のノウハウ、各種設定のパラメータ化により確実な環境構築をご支援します。
また、高品質・高効率を実現する標準化、プロトタイプ開発、部品化のノウハウを提供し、小規模開発の受託から大規模開発の展開までご支援します。

◆ PowerCenterに最適な実装を行うための標準化手法

一般に、既存のデータ統合・連携の処理を、PowerCenterによる置き換えで効率化を図る場合、既存の処理をそのままマッピングに置き換えての実装を行いがちです。
しかしながら多くの場合、その方法ではPowerCenterのメリットを活かしきれず導入効果を得られずに終わるリスクが高まります。データ連携の要件から分析し、処理を再設計しPowerCenterに最適な実装を行うことが肝要であり、MINDがそれをご支援いたします。

また、データ統合・連携システムに限らず長く利用されるシステムは拡張性・保守性に富んだシステムである必要があり、そのためにはきちんとした標準化のもとで開発されたシステムである必要があります。データ統合・連携システムも、一度構築して終わりではありません。必ず種々の拡張が継続的に求められます。MINDがご提案する標準化手法は、多くの構築経験から得られたノウハウにより確立した手法であり、長く使えるシステムの構築に貢献します。

◆ MINDのノウハウを盛り込んだ弊社独自開発の支援ツールを提供

GUIによる設計は使いやすく開発の生産性を高める反面、ドキュメント化や定型的な操作などその後の運用が非効率となる面があります。MINDでは、設計内容をドキュメント化し出力するツールをはじめ、設計~テストまで一連の構築ノウハウを盛り込んだ生産性と品質の向上を支援するツールを開発し提供しています(GUIで設定した内容をチェックするツール、一括して定義を作成するツール、標準化で定めた基準どおりにプロパティが設定されているかどうかをチェックするツール、テストの自動化ツールなど)。

 

インフォマティカ製品の自社保守サポート

2000年の日本語版リリース以降、インフォマティカ社のサポート部隊と長年の信頼関係を築いた上で、自社でのサポート体制をもち、専任のサポート部隊が国内ユーザ目線で各種サポートサービスを提供します。
マニュアルなどからは汲み取りにくいノウハウ、PowerCenterの仕組みに精通したエンジニアによるサポートを提供し、お客様のシステムの安定稼動に貢献します。

 

MINDは、PowerCenterを中心とした多くのデータ統合・連携システムの導入実績をもとに、データ品質、マスタデータ管理などデータ活用に関するソリューションに幅広く取り組み、長く使えるデータ関連システムの構築をご支援します。

 

——————————————————————————————————————————
お問い合わせ、資料請求など詳細につきましては下記URLよりご連絡をお待ちしております。

■お問い合わせ先■
三菱電機インフォメーションネットワーク株式会社
営業本部 ソリューション営業第二部
http://www.mind.co.jp/service/idc_platform/platform_products/powercenter/
——————————————————————————————————————————

※本ブログ上で記載されている製品名および商品名は、各社の登録商標または商標です。