事例:マクニカがInformatica Platformを導入し、グローバル経営情報をリアルタイムに可視化するデータ統合基盤を実現

インフォマティカ・ジャパン編集部です。

前回、マスターデータ管理ソリューションの事例が好評でしたので、今回はデータ統合基盤構築の事例を新たにご紹介させていただきます。

株式会社マクニカ(以下マクニカ)が、「Informatica Platform」を導入し、複数システムに分散したデータを仮想統合、 強力なデータ連携と迅速なレポーティング、業務効率の向上を実現した導入効果についてご紹介いたします。

世界14ヶ国64拠点をベースに、半導体、電子デバイス、ネットワーク関連機器、ソフトウェアなど、最先端の商品を提供するマクニカは、急速に変化するビジネス環境に対応するため、グローバル経営情報をリアルタイムで可視化するデータ統合基盤「MACNICA GLOBAL DATA HIGHWAY(以下、MGDH)」を構築しています。

「MGDH」のねらいは、世界の複数拠点にある各システムから、必要なデータを適切なタイミングで連携させ、最適な形でユーザーに提供することです。そのためには、各地域の異なる基幹業務システムに格納されているデータをシームレスに統合しなければなりません。

そこで、グローバルデータ統合プラットフォームを実現するソリューションを検討した結果、異なる基幹業務システム間でのデータ連携の容易さと、データの規模/形式/プラットフォームに依存しない品質、豊富な実績に基づく信頼性を評価し、インフォマティカの「Informatica Platform」が採用されました。

マクニカが採用した「Informatica Platform」のコンポーネントは、データ連携・統合を実現する「Informatica PowerCenter」、データ品質を管理する「Informatica Data Quality」、データ仮想化のための「Informatica Data Services」、接続コネクタの「Informatica PowerExchange」、非構造化データを変換する「Informatica B2B Data Transformation」です。

Informatica Platform

これによりマクニカは、グローバルでの強力なデータ連携と迅速なレポーティングを実現、非効率な作業を大幅に削減して業務効率の向上に成功しました。

同社のInformatica Platform採用事例の詳細は、こちらから。
詳しい課題解決方法とともに、採用ご担当者の声をお聞きください。

http://now.informatica.com/ja_macnica_customer-story_3009.html?asset-id=d98b5322bddd07598a68864027763007#fbid=cQozr0knjxx